FC2ブログ
2008/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
一歩の勇気
先ほど、午前のクラスが終わりました。

先月の終わりから新しく開講した『初級クラス』

無料体験に4名来られ、2名の方が始められた。

今日、カルチャーに行くと、
『先生~、先日来られた2名様が入会されました。』

『えっ!!本当!!』

私は急いで教室に入りました。

『先日はどうも・・・』
『いえいえ、こちらこそ。よく来られました!!』

無料体験で見学されていたお二人。
正直、フラメンコを始めてくれるとは思いませんでした。

私の予想が当たっていたのは、一人が興味があり、一人が付き添いだろうという事。
フラメンコを始める予想はありませんでした。
きっと私には無理なんて思っていらっしゃると・・・

現実は・・・
目の前にいらっしゃる。
予想が外れて嬉しい。

お二人ともかなり悩んだみたいです。
自分に出来るのか不安だったそうです。

でも、『えいっ!!』っと頑張る気持ちになってみたらしい。

その気持ちが嬉しい。

付き添いで来られたフラメンコにはまったく興味がなかった方も一緒にレッスンする
ようです。

はじめの第一歩・・・

無我夢中の一歩。

レッスン終了後、
『こんなに無心になれたの久しぶりです。』

とても爽やかな笑顔に癒されました。


私の心が優しくなった気がします。
ふわふわっと・・・

今日、フラメンコ始める事にかなり緊張してこられた事でしょう。
勇気をだしてのチャレンジ。

自分に自信なんてない。
でも、頑張ろうとしてくれる気持ちに感動。

もう、めっちゃ応援したくなるじゃん!!


ゆっくりでいいから、一緒にフラメンコ楽しみましょうね。

フラメンコを楽しんで踊ってくれる日が待ち遠しいです。

ステージで輝く姿が早く見たいです。


一緒に頑張りたいです。
迷える子羊?
20081105021703
20081105021700
・Bailabaila・ ・yukari・

見事な嘘泣きの画像。

この方達は本当に悩んでいるのでしょうか?

う~~ん・・・
わからない・・・

毎日毎日、レッスンしてると見失うときがあります。

『これを注意するのは早いかな?』
『注意しすぎかな?』

結局注意していますが・・・

最近、振りのリズムを煮詰めてます。
単純なソロコンパスのリズムで体にあまりのないように踊れるか・・・

たいがい、歌振りとなるとタイミングを待ってるときが多い。
体が歌に合わせて流れて踊ってくれない。

簡単に言うと、『間がとれない』

合ってるのかどうかわからず踊ってる感じでしょう。

エスコビージャは比較的わかりやすいでしょう。

ちゃんとしたわかりやすいリズムがあるから・・・
あとは足が動くかの問題です。
エスコビージャはほとんど足を動かしていますから、
『間があく』ことはないでしょう。

歌振りはそうはいかない・・・

ブラッソとマノのリズムの流れを感じていないと『間』が生じる。
そして時たま入る、サパテアード。
リズムを感じていないと綺麗に打てません。
歌の邪魔になったりします。

最近感じます。

Bailabailaの生徒様を見ていても、練習の仕方に問題がある・・・

ただ、最初から最後まで踊る・・・
そして、間違ったところだけを練習する・・・
けして流れをつなげない・・・

間違ったところを分析しない。

自分はなぜそこが出来ないかを・・・

あげくの果てには、
『私にはできないのだ。』
と納得してふたをする始末。
まさに、開かずの扉のように・・・
実際はめっちゃ開いてますが・・・
本人の心の目を閉じているだけですから・・・

出来ない事は嫌です。
私も出来ない事がたくさんあります。

なんで、それが出来ないのか考えるのは好きです。
(謎解きみたいでしょ?)
それが当たるとめっちゃ嬉しい。

全てにおいて飽き性な私がここまでフラメンコに携わる理由がここにある。

いつも謎解き。
解けない問題だらけ。
んで、たまに御褒美のように正解をもらえる。
その御褒美がたまらないのか?

じわじわっと理解していくフラメンコの世界。
それでも問題が山のようにあるフラメンコの世界。

ふっけぇ~~~!!

ふけぇよぉ~~!!

深すぎぃ~~!!

今日の生徒様達は何に悩んでるのでしょう。

何の謎を解いてるのでしょう。

『質問をどう質問していいかわからない。』
これが一番の謎でしょう。

早く、その森から出てきて欲しいものです。

自力で・・・


ヒント!!



とにかく、何を言われようが、謎が出来たらぁ~~~



聞けぇ~~~~~ぃ
くぅぅ~~~!!
20081104160253
・Bailabaila・ ・yukari・

見よ!!
このお三人方!!

かわいい?

私には可愛くない!!

ああいえばこう言う・・・

とてもお口のお達者なお三人方。

いやぁ~~、昨日のレッスンでは『渇』の入れまくりでした。

『ちゃんとリズムに気持ち入ってる?』
『あっ!!・・・』
『また入れてないの?』
『そうじゃったぁ~。』

・・・

この始末はきっと私の責任かもしれません。
過保護に育てた成れの果て・・・

Bailabailaの大御所様達は自分で歩くすべを忘れてしまったのか?

けして実力がないわけじゃない。

ウサギと亀で言うなら『ウサギ』なのでしょう。

ぴゅぴゅ~っと走り、木陰で休む、そんな感じです。

このウサギ達が地道に技術を意識して練習すれば、『スーパーウサギ』に
なるかもしれません。

まぁ、『スーパーウサギ』になりたいのか『森の人気者』でいたいのか
『草葉のウサギ』になりたいのかは知りませんが・・・

最近、このウサギ達は上達してます。
しかし、丁寧に受け止める心が足りない。

ここまでフラメンコを楽しんできたのですから、このウサギ達にもっと奥地に挑んでほしい
ものです。

これは、親の勝手な期待ですが・・・

成果がないなら言いませんが、少しずつ、自分の欠点が見えてきたウサギ達。

今、頑張ってるティエント。

これをどう表現するかはウサギ達次第。

何を踊っても一緒みたいなことにならないように・・・


今回はこのウサギ達の反省の姿を世界に発信しました。


皆様・・・

このウサギ達の成長をお楽しみあれ。


母ウサギは・・・
素直に聞くときの飲み込みの早さにびっくりし、未来に期待する・・・
素直に聞かないときはウサギ鍋にしてやろうかと腹をたてる・・・
素直に悔しいと涙する子ウサギを見て、抱きしめてやりたくなる・・・

やはり、問題は母ウサギにあるみたいだ・・・

このウサギ達を谷へ落とす日は来るのだろうか・・・


・・・


きっとないでしょう・・・


だって・・・



母ウサギが一番寂しがり屋ですから・・・

なんだかんだと、みんなといろんなフラメンコを感じていきたいのだから・・・



願わくば・・・

早く成人してくれ!!
二段・三段と腹が大きくなるばかり。
お願いだから、
『手は三段目の腹をなぞるように・・・』
なんて表現はしたくないものだ。

只今、小学1年生くらいかな?

はぁぁぁぁ~~~

頑張れ、僕達!!
感謝。
先日頂いたコメントで思い出した話・・・

以前、カルチャーの無料体験で来られた方の話。

どう表現していいかわかりません。
失礼な表現かもしれません。
お許し下さい。

まず、真っ直ぐ姿勢を保てません。
言葉が少し聞き取りにくいときがあります。

1時間フラメンコを楽しむ・・・

私はフラメンコの楽しさが伝える事ができるか不安でした。

しかし、彼女のひたむきな『目』

私は自分のスタイルを取り戻す事ができました。

準備体操しているときに、私は思いました。

『お母さんありがとう・・・』
私には自由に動ける体がある。
自由に話せる。

昔、養護学校の卒業式に行ったことがあります。
そのパーティーで躍らせていただきました。
フラメンコ初めてまだ半年くらいのときです。

生徒さんが一生懸命見てくれる。
一生懸命手をたたこうとしてくれる。

私はステージで踊りながら涙出そうになりました。

手をたたこうにも大変な生徒さん。
身体を上手く扱えない。

なのにステージで踊ってる私よりも頑張ってる。

その横で満面の笑みでいるお母さん。
『楽しいのね~』
『ほら、もっと拍手しなさいな。』

私は心が洗われるを通り越し、生まれたてになった気分でした。

踊り終わり、一緒に食事しました。

『ねぇ~、なんか靴下脱げてるよ。』
『!!!』
『はい、足出して~。早くだしてぇ。』
『今、わざとでしょ?』

『ねぇ、これ嫌いなの?私が食べちゃうよ。』
『。。。。。』
『ほ~らとっちゃうよぉ~』
『怒怒怒』(怒った表情)
『なぁ~んだ、好きなもの最後に食べる派ね。』
にこり!!

素直な空気が流れてる気がしました。

話は戻り、無料体験。


けして五体満足じゃない方が、楽しそうにフラメンコを感じてる。

私は容赦なく
『だから右っていったじゃない!!』

彼女の微笑み。

『123・・4から始めるのよ。』

彼女の笑顔のうなづき。

でも、3から始まる。

コントみたいなやり取り。
彼女はとても楽しそうに踊る。
たとえ間違っても・・・


でも、私は楽しかったな。

体の自由がきかなくてもフラメンコのリズムを感じあえたから・・・
いつのまにか、私が彼女に引き込まれていたのかもしれない。

素直な彼女の『目』を私は覚えています。


生きていくことの素晴らしさを少し感じさせていただきました。


一つのコメントから、私の懐かしい、温かい思い出を思い出すことができました。

忘れられない思い出。
大切な思い出。
私のフラメンコのステージの原点の思い出。

心に ぽっと 蝋燭のような優しい灯りがともりました。

感謝する事の大切さ。

いくつになっても忘れないように・・・


今日も一日、ありがとう!!
素直が一番!!
何事も「素直が一番」と私は思います。

自分が何が出来ないか・・・
何をすればいいのか・・・

たくさん悩みます。

Bailabailaの生徒様の話・・・
何度注意しても思い切り表現しない。
振り付けだけ利口にやろうとする。
何度も何度も・・・
『ちゃんといいリズムを奏でなさい!!』
『やってます・・・』
『心地よいリズムを奏でなさい!!』
『やってます・・・』

この繰り返し・・・

確かにリズムは流れているでしょう。
私が伝えたいのはそんなリズムじゃない!!
だから、時には声を荒げて言ってしまう・・・

『鼻歌みたいなリズムはやめて!!』
『そんなこと・・・ない・・・です・・・』

ずぅっとこのやり取りをしています。

もうこれでは話がかみ合わない!!

落ち着いて話する時間を作った。

『私が言ってる事は今までの引き出しにはないことよ!!』
『新しいことを言ってるのになぜ貴方は自分の世界からでてこないの?』

『・・・』

私が言ってるリズムの話が伝わっていない。

正直、本人が気がついて、自分が直していかないといけないこと。

でも、もう、意地だけで何をどうしていいのか煮詰まってる感じです。

もう一度説明する。

『この間のレッスンのとき私が後ろでリズムを言ったら気持ちよく踊れたの覚えてる?』
『はい・・・』
『体が楽に動いたよね?』
『はい・・・』
『自分でも、今のめっちゃ上手いって褒めてたよね?』
『はい・・・』
『なぜだかわかる?』
『・・・』

『貴方の身体は動かないんじゃない!!いいリズムが流れると身体は反応している。』
『・・・』
『簡単な話。いいリズムを奏でていればいい踊りになるのよ。』
『!!』
『私がいつも黒子の格好をして後ろでリズムいっちゃろか?』
『いいですよぉ~~。やめてくださいぃ~~。』
『もうわかったね。』
『はい。』

それでもなかなかうまくはいかない。
そうは簡単にできない。

だから、練習するのです。

いろんな悩みをもち、アドバイスを頂き、チャレンジする。

たくさんの方にアドバイスを頂いてもチャレンジするのは自分です。

闇雲に回数を重ねてもいけない・・・

しっかり心と身体で感じながら練習しないと・・・

さて、この生徒様・・・

この壁を乗り越えられるかしら?

楽しみです。

ゆっくりでいいから、慌てず、丁寧に・・・


頑張れ!!
強くなれ!!
11月です。
はやっ!!
もう11月。
こんな事を毎年思っている。

まぁいいかぁ~~。

ここのところ真面目に練習してます。

今までフラメンコをしてきてまたまた改めて気がつきました。

当たり前のことを・・・


ちゃんと丁寧に練習していれば少しは上達していく・・・

こんな当たり前のこと。。。

今更気がつく・・・

お馬鹿ちゃんかぃ?

まぁ、練習する事はいいことなので出来るだけ頑張ろう!!


少しずつ・・・

丁寧に・・・
蝶が舞うリースの時計
プロフィール

bailabaila

Author:bailabaila
フラメンコスタジオ
エストゥーディオ バイラバイラ
先生様の独り言

最近の記事
カレンダー(月別)
10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
月別アーカイブ