FC2ブログ
2008/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
朝起きてぇ~~、眩しい光・・・そして・・・

めっちゃさぶっ!!

きましたなぁ。
冬がぁ・・・
やだなぁ・・・
僕ぅ・・・寒いのぉ・・・きらぁいぃ・・・

お布団が好きで好きでしゃぁない季節。
毎日、お布団を離したくない!
離れたくない。
毎日が遠距離恋愛の別れ際のように、ギリギリまでひっついてます。

そんなことはよい。

頭・・・

何を考えながら踊ってるのだろう?
いつも生徒様の頭の中に侵入したくなります。

昨日、意地悪な質問をしながらのレッスン。

『はい、ここで問題。このブラッソのテクニカで一番にどこからリズムを感じる?』
『腕?』
『ブラッソしてるんだから腕でしょう。腕のどの部分よ。』
『?』
『肘だろう!!』
『次のカウントは?』
などと細かく質問してやった。

理解していないとは思ってません。

しかしながら身体に対して細かい指示ができていない。

リズムのどこで身体をどう使うか・・・

昔、先輩に言われた事があります。
『ゆかりちゃん、出来るだけ身体を細かく使えるようにしなさい。』
『身体の隅々まで自分が使いこなせないと踊れないよ。』

今まで私は
身体、身体、身体・・・と身体を意識してました。
当たり前ですがその身体を使うように指示を出すのは頭です。

なかやまきんにくんではありませんが、
『二の腕の筋肉さん筋肉さん、今から貴方を使います。反応しておくれ』
と自分が身体に対して丁寧に指令を出さないと身体は動きません。
当たり前の事ですが・・・

『ここを意識して使えば・・・こうなる?』
と、自分の身体に質問しながら、試しながら使わないとうまく動けません。

自分を知る。

これも自分を知るです。

鏡を見て自分の想像するお手本に自分がなってるか・・・
どこが出来てどこが反応していないか・・・

やはり頭を使います。

闇雲に踊っても変化はない。

上手く出来なくても自分の少しの反応を見逃してしまったら身体はふてくされる。
心もふてくされる。

『ちゃんとできてないけど、私の身体はやろうとしてる。少し反応してきた。』
なんて、自分をちゃんと見ないといけない。

最近、生徒様をみていて思う。
身体さんが可哀想と・・・

身体ちゃんが心地よく動くように頭がちゃんと教えてあげなきゃ。

頭が親
身体が子供

自分の身体の反抗期がありませんように・・・
スポンサーサイト



蝶が舞うリースの時計
プロフィール

bailabaila

Author:bailabaila
フラメンコスタジオ
エストゥーディオ バイラバイラ
先生様の独り言

最近の記事
カレンダー(月別)
10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
月別アーカイブ