FC2ブログ
2009/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
バトンをスタジオ『秋』さんへ・・・
さてと・・・お次はぁ~・・・

スタジオ『秋』さんの骨髄バンクの公演。

12月20日にありんす。
18:40~20:20の出番。

もちのろんろん私も応援部隊で参加しまっせ。

ここは入場料無料!!

ぜひぜひ見に来ておくれやす。

たくさんの生徒様が出演なさる。
だからたくさんの個性が見れる。

生徒さんにはこんなに勉強になるステージはないと思いますよ。

超~初級の生徒様からベテランまで・・・
いろんなフラメンコが見れる。

楽しみだなぁ~。

う~~ん・・・

前で見たいような・・・
でも、後ろで応援したいし・・・

最近のスタジオ『秋』さんの勢いったら・・・
楽しくて仕方ない。

ぜぇ~~~~~~~ったい見たほうがいいよ!

さぁさぁ・・・とにかく見にくるべし!

待ってるでぇ~~~。
スポンサーサイト



ゆかりの気持ち
今回の公演・・・
初めて『植田由加理』を押してみた。
今まで幾度となく公演・ライブをしましたが、こんなに
私が踊る事はない。
なんだかんだ、生徒様の踊りをだし、結局、発表会みたいになってましたから・・・

今回の公演では、私がチャレンジしてみたいことを全て出してみました。

けしてフラメンコの公演ではありません。

お客様が一つのショーとして楽しんでもらうこと。
フラメンコに興味を持ってもらうために・・・
フラメンコを見るときに全て新鮮な状態で見ていただきたかった。

今回の構成はどうしたらフラメンコを楽しいと思っていただけるかが課題でした。

広島からの素晴らしい先生様お二人。
この素晴らしいお二人のフラメンコ。
フラメンコには個性があり、どのスタイルも間違いじゃない。
赤色が好きでも、青色が好きでもいいのだ。
逆に好みが分かれないとフラメンコが生きない。
私があれだけ踊れたのも、このお二人の強烈な個性があったからこそ・・・
実際、初めてBailabaila以外のフラメンコを見たお客様が喜んでましたから・・・
『先生方にもいろんなタイプがあっておもしろい。』って・・・
私にとっては待ってましたのご意見です。

そして生徒様たちの融合。
いつも先生達は自由に融合できる。まぁ、臨機応変の力がありますから・・・
生徒様の融合はお互いに時間を合わせないといけないから難しい。
しかし、先生方も昔は生徒。
生徒時代に親睦があったから今がある。
是非、今の生徒様にも味わってもらいたかった。
いいライバルを作ることは必要だから・・・
生徒様がはじけあう。
私の予想以上に華やかになりました。
これからも融合させたいな。

なんといっても『ルパン』

これはめっちゃ勇気いりました。
衣装も上半身ビスチェスタイルで、踊りもフラメンコテイストってだけで、
あとは勝手にクラブのノリで踊ってるだけでしたから・・・
これに協力してくれた『HIROSHI』
感謝感激です。
リハが一番緊張しました。
フラメンコを真剣に愛してる方の前であんなことするんですから・・・
実際、これでいいのかとまだ答えがでてません。
お客様にリラックスしてほしかった。
真剣にフラメンコを見ていただいてる。
フラメンコを知ってる私たちですら肩がこるときあります。
(2時間位のライブだと・・・)
それが何の曲かどんな意味があるのかわからない状態で見ていただく。
しかも真剣に見てくれるのです。
少し『箸休め』的にやっちゃいました。
『箸休め』にしちゃ~油っこいけど・・・

そして『昭和の歌謡ショー』のような歌とセビ。
舞踊団メンバーの素敵な子芝居。
セビージャの小さな村祭りをイメージしました。

最初から最後までお客様に楽しんでいただきたかった。
もちろん出演者にも・・・

これからも私のこのスタイルは変わらないと思う。

実際にこのような素敵な時間を与えてくれているのは
『お客様』なのですから・・・
『お客様』がいらっしゃらないと成り立ちません。
『お客様』がフラメンコを、Bailabailaを、植田由加理を楽しんでもらえればそれでいい。
『お客様』の素敵な笑顔と温かい拍手があるから、私は頑張れる。
賛否両論。
当たり前。

さて、次は何しようかしら?

また、楽しんでくださる?
ありがとうございました
先日の公演前からブログを中断してしまい、ごめんなさい。

公演終了後もブログできなくてごめんなさい。
さすがにぶっ倒れました。
この2~3ヶ月ずぅ~と緊張の連続でしたし、自分のフラメンコの大きな
チャンスもあり、こんなに自分のフラメンコに向き合ったのは初めてです。

この一年・・・

いろんな方からたくさんのチャンスを頂きました。
その上で先日の公演が成り立っています。

まず・・・
秋友先生・青木先生。
このお二人には感謝してもしきれないほど・・・
秋友先生は、私、そして生徒達にどれだけフラメンコのチャンスを与えていただいたであろう。
広島で踊れるチャンスをたくさん作っていただきました。
秋友先生のおかげで『Bailabaila』の宣伝ができています。
私のつたない歌でも使ってくださる。
私が一人でやってきた事をちゃんと認めてくださる。
こんな私をしっかり見てくれ、褒めてくれる。
たくさんのアイディアをだし、常に、前を向く姿勢に尊敬。
青木先生は・・・とにかく可愛い!!
心がとても純粋できれい。
あの心の綺麗さがお顔にも反映されている。
フラメンコに対する情熱は素晴らしい。
細かいこだわりを持っていて、それを形にできるお人。
そしてお二人ともさすがの技術力。
微動しない姿勢、正確なサパテアード、豊かな表現力。
私は必死こいて彼女達についていってる。
必死こいて練習しないと同じステージにたてない。
あのお二人の3倍は練習しないとついていけない。
秋友先生は、
『いやぁ~、ゆかりんはすごい練習してるね。尊敬したぁ~。』
なんておっしゃってくれるが、現実、すごい練習しないとついていけないのです。
実際、本番の踊り見て、まだまだ練習が足りないと思いましたから・・・
これからも、このお二人とフラメンコご一緒したい。
よろしくです。

バックの皆様。
カンテ嶽北さん。
お客様のほとんどが『何人?』といったくらい。
やはり素晴らしい歌でした。
うちのへんてこな演出にも笑顔でいてくださり、感謝。
細かいアドバイスがものすごく勉強になる。
もっとアドバイス欲しいくらい。
今度はもっとBailabailaがパワーアップしてフラメンコを前面に
押せるときにもう一度御呼びしたいです。
愛ちゃん
今回彼女にはへんてこな演出にご協力していただいた。
おかげでうちのメンバーはリラックスして踊れました。
今度は彼女と私の親友タッグマッチフラメンコしたいな。
やっぱり親友だから思い切りぶつけられるからね。

ギター
廣川君のギターは繊細で素敵。
今回、力強さも感じられた。
彼のフラメンコを感じてみたいな。
いつも私の要求ばかりだから・・・
これから、ライブだけじゃなく練習にも来て頂こう。
今回、私の無理難題をあんなに素敵にこなして頂き、プロとしての
力を見た。
彼の奥の底力はすっげぇ~!!
『芯』が通ってる。
龍さん・・・
駄目だぁ~。公演の挨拶でも龍さんの話をすると泣けてしまう。
今回ダメダメな私を優しくゆっくりいろんなこと教えてくれた。
私のフラメンコ道にまた新たなる光を導いてくれた気がします。
龍さんの話を素直に聞けたから今の私があると・・・
いつもいつもへんてこなリズムに付き合ってくれる。
最近これではいけないとちゃんと勉強するようにしてます。
龍さん・・・
これからもBailabailaをよろしくです。
Bailabailaみんな龍さんを愛してますよ~。

そして、今回の公演のためにわざわざ振りを覚えてくれた
スタジオ『秋』大田P&かおりさん
TALLER 小橋さん&西本さん
ありがとう!!
自分達のライブがあるのに・・・
タンマラ・・・
最高でした。
おまけにあんな昭和の子芝居にも付き合ってくれ。。。
Bailabailaのみんなが喜んでます。
タンマラのレッスン・・・
忘れません。
君達のあの素晴らしいお顔。
これからもよろしくです。

そして・・・
Bailabaila舞踊団メンバー
今回いろんな雑用を引き受けてくれ、段取りも仕切りもみんなで協力し、
私は踊りに集中できました。
みんなの気持ちがものすごく嬉しかった。
この気持ちは次のみんなの舞台でお返しします。
これからも輝いていこうね。

この度の素敵な公演。
無事成功したのはみなさんのおかげです。

本当にありがとうございました。

また、みなさんに楽しんでいただけるステージを作りたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。

公演終了後に温かいメールありがとうございます。
お返事できなくてすみません。
抜け殻状態でみなさんの温かいお気持ちを一人味わってました。
また、メールください。
もちろん私もメールします。
蝶が舞うリースの時計
プロフィール

bailabaila

Author:bailabaila
フラメンコスタジオ
エストゥーディオ バイラバイラ
先生様の独り言

最近の記事
カレンダー(月別)
11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
月別アーカイブ