FC2ブログ
2010/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
KKRライブ。。。本番編
さてさて。
本番の話。

秋友先生と由美子さんのタンゴ。
この二人の息はぴったり。
それぞれの良さがでてるし、それぞれの良さを引き出しあってるようにも見える。

さぁ、畠ぴょんのアレグリ。
お顔が・・・ど緊張。
梶原氏の心地よいギターのサリーダ。
いつもいつも優しくてその現場を温かくするメロディです。
私のティリティ~、畠ぴょん登場。
『よし、丁寧にアレグリのリズムを感じてる。』
歌っててものすごく伝わってきた。
順調に畠ぴょんのアレグリの世界が広がる中・・・
『?』
そこのパソって・・・
でも大丈夫。畠ぴょんはしっかり自分の持っていきたいリズムに向かってる。
畠ぴょんの緊張する気持ちや、踊る幸せ感、ソロの責任感・・・
いろんな気持ちが詰まった帰りの表情。
熱くなります。

いつも思う。

一生懸命フラメンコに向き合ってる方は本番でどんなハプニングがあっても
ちゃんと乗り越える。
緊張やプレッシャーと戦ってる方にはちゃんと乗り越える力がついてきてる。

ガロティン。
何を悩んでたのだろうと思うくらい、良いはじけっぷり。
このガロティンにはコントラがある。このコントラが難しい。
由美子さんにもメールしたが・・・
コントラは踊り手一人で出来るものじゃない。
バックとのやり取りがかなり必要。
バックの人数が多いとパルマも難しくなり、コントラは合わせにくい。
この場合よくバックのパルマがバラバラになる。
そんときに!
踊り手の気持ちが大切。
どんなにリズムが乱れても強い気持ちでやりきらないといけない。
私は過去にそれを知らず、無謀にもみんなのリズムがまとまるのを待ち、
やり直し、結局失敗に終わったことがある。
やりきればよかったとすごく後悔しました。
でも、由美子さんはやりきった。
だからリズムが引き締まりまとまりました。
素晴らしい!!

ティエント。
なんかわかんないけど・・・すごく楽に踊れた。
今、生徒様に教えてるからかもしれないが・・・
なんか気持ちよく踊れた。
今回はパンツ・シャツとまさに宝塚状態でした。
あまり、ブラッソだのベストをどう使うかなど考えず自然に踊った。

ファンダンゴ。
秋友先生様由美子さんコンビ。
問題なし。
秋友先生は『なんかリズムずれずれじゃん。』なんてご自分の評価を厳しくされてましたが・・・

ポルブレ
勝鼓様。
勝鼓さまのポルブレの2歩目。
十分くらい素晴らしいでしょう。
いや・・・
親友として・・・
勝鼓さまの出来としてはまだまだかもしれない。
まだ勝鼓様の体中にしみ込んでいないから・・・
でも、これがしみ込んだとき・・・
絶対、素晴らしいものとなると思います。
私なら2歩目であんなふうに踊れません。
これが・・・10歩なら・・・
きっと鳥肌もんだろうな。
めっちゃ楽しみ。
微弱ながら・・・勝鼓様のこの大作ポルブレを完全版にするために
めっちゃ協力したいと思ってます。
微弱な私は・・・興奮しすぎて・・・ブレリア・・・
音はずしまくり!
私の悪いところです。

もう少し冷静に歌えるように・・・もっと練習します。

ふぅ・・・

今回のライブも楽しかった。

秋友先生のライブはいつも楽しい。
いつも勉強になることたくさん。

そして・・・

夢の国の方たちがいつも可愛い笑顔で褒めてくださるから・・・

次はもっと褒めてもらおうと頑張れるのです。

またよろしくお願いします。

みなさん、お疲れ様でした。

あっ!
見に来てくれたうちのメンズM。

ちゃんとおしゃれ君でした。
広島でのメンズ仲間もでき、楽しそうでした。
打ち上げも一緒に参加。

楽しかったね。

あっ、
荷物持ってくれてありがとう。
スポンサーサイト



KKRライブ!
先日の土曜日は広島KKRホテルでのライブ。
私は歌・踊りと頑張りました。

今回のライブ・・・
出演者それぞれが『チャレンジ』って感じかな?
みんな一人一人にテーマがある。

初のソロにチャレンジのHぴょん。
『アレグリ』
合わせのときに構成を聞く。
必死で説明しようとする彼女。
でも・・・パニックになっちゃって・・・
『う~~~ん、まず、落ち着こうかねぇ。』
『はい・・・あのぉ・・・えっと・・・』
落ち着いてねぇ。
『まず、ギターなるやんねぇ。』
『えっ!!』
驚く。ギャグももちろん通じない。
歌が二つだの三つだの・・・レマーテがあるだのないだの・・・

『んじゃ、とりあえずやってみようっか。』

彼女はもちろん真剣に一生懸命踊る。
いいねぇ。熱くなるねぇ。
無事終了。

ガロティン。
今回この曲は初のソロ。
一人で踊るには・・・自分のリズムって・・・
いろいろ悩んでるようだ。
でも、全く問題なし!問題どころか。。。楽しそうに踊ってるじゃないかぁ。
『今本番じゃないよ。勢いめっちゃあったけど・・・』
『そうですかぁ?もう踊ることで必死なんですよぉ。』
『今のままで大丈夫と思うよん。』

そして、私のティエント
秋友先生様に歌ってもらっちったぁ。
秋友先生はとても丁寧に感情こめて歌ってくださる。
その気持ちの流れがとても心地よくて・・・

さてさて・・・

メインイベント『ポルブレ』
この合わせ。
力・・・入る。
なにせ・・・親友勝鼓様のかなりすごい作品だから・・・
勝鼓様もこの作品にかなり真剣に向き合い、途中、悩み・・・
私もこの大作の作品の歌が上手く歌えるのか・・・

出来たのかどうかわからず・・・
『ギターが入るともっと理解できると思うよ。』
『そやな。。。』

そして・・・みんなで・・・
会場へ・・・

おぉっと~。

リハの話でこんなに・・・

続きは・・・あとで・・・
蝶が舞うリースの時計
プロフィール

bailabaila

Author:bailabaila
フラメンコスタジオ
エストゥーディオ バイラバイラ
先生様の独り言

最近の記事
カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
月別アーカイブ